2010年11月22日

序章(2)スタートラインに立つ前に

前回、誰もが劇場映画を制作できることがこの連載記事の目標と書きましたが、誰にでも成功の可能性があるという訳では有りません。当然ですが、向いていないひとも居ます。
以下に上げるようなひとは、映画制作に挑戦するのを思いとどまったほうがよいと思います。
 
映画制作に挑戦しちゃダメなひと

○生活が苦しい
今日食べるものにも困っているような場合、映画を作るどころではありません。
映画をゼロから作るにあたってはかなり長い期間が必要になります。
実際に制作作業に入れば、どんなに低予算に抑えるにしてもお金は必要ですし、最低限自分が活動するための時間も必要になります。
通常、時間はお金に換算されます。つまり「掛けられる時間=予算」という意味合いを持っているのです。
安心して制作に打ち込めるためにも、まずはベースとなる生活を安定させ、自分の時間を作ることが必要になると思います。
同じ意味で、毎日残業+休日出勤、というかたや、子育て中の主婦又は主夫のかたなど、ひと時も時間に余裕が無いという状況ではたとえお金が充分にあっても厳しいです。
また借金があって返済に明け暮れているなど、経済的にたいへんな状況で映画制作を始めるのは状況をさらに悪化させるのでやめた方が良いと思います。

ただ、なんとかして生活を安定させるまでの間、頭の中で企画やシナリオを考えるのには特別な制約が有るわけではなく、まとまった時間も必要ありません。仕事をしながら・通勤中・寝る前のひとときなどをつかって、自分が将来作る映画をイメージしたり制作工程をシミュレーションしてみるのも良いかも知れません。

○病気で死にそうだ
心よりお見舞い申し上げます。映画制作は命掛けでするほどのものではないと個人的には考えます。健康のほうが遥かに大切です。ですからまずは一日も早く元気になって下さい。
また健康であることは映画制作を成功させるために有益だと思います。出来る範囲内で健康管理はしっかりした方が良いでしょう。

○動機が不純だ
序章にも書きましたが「お金儲けがしたい」という動機で映画制作をするのは得策では有りません。理由は簡単で、儲からないからです。少なくとも1作目で大儲け出来る確率は限りなく低いと考えられます。他に儲かりそうなことを探してください。
また同様に、「有名になりたい」「女の子にモテたい」「今の生活に嫌気がする」「暇つぶし」などの理由で映画制作をはじめるのもおすすめしません。ただ、どんな理由で映画を作るも個人の自由なので、どうしてもというひとはどうぞ勝手にしてください(笑)。

○映画が好きではない
そもそも映画に興味が無くて映画をあまり観たこともないひとが、あえて映画を作ろうとする意味がわかりません。
この連載記事を読んでくださっている以上は、多少なりとも映画が好きなかたが多いのではないでしょうか。
もちろん、普段映画をあまり観ないからといって映画制作に向いていないとは言い切れません。ただ、映画を作るのであれば今からでもよいのでなるべく沢山映画を観るようにしてください。


挑戦するための条件

では逆に、この連載記事と一緒に映画制作に挑戦しはじめるための条件は何でしょうか。
お金があり、健康で、動機が健全で、そしてなにより映画が好きならば、その条件をすべてクリアしていると言えるでしょうか。

ひとつ、足りないものがあります。

僕が考える、映画制作に挑戦するための最大の条件は、その人の内面に、周囲の人々に向かって表現したい何らかのものが存在するかどうか、ということに尽きると思います。


表現したいものがある!

じつはこの「表現したいものがある」ということが、映画制作に挑戦する上で一番重要な条件なのではないかと考えています。
もしこれが無いと、何をどうやって映画にしたらよいかわかりません。また、壁に打ち当たったときにそれを乗り越える原動力も得られません。
単に「映画が好き」というだけでは、映画を作る理由としては弱すぎるのです。


いざ、スタートラインへ

以上のようなことにちゃんと当てはまった皆さんには、是非とも映画制作のスタートラインに着くことをおすすめします。
道のりは決して平坦では有りませんが、それを楽しめるくらいの心構えを持って、制作に挑戦して貰えたらと思います。

次回からはようやく、具体的な準備や企画のたて方について書いて行きたいと思います。
いよいよ制作スタートです!


http://empty-blue.com




posted by 帆根川 廣 at 02:30| Comment(0) | TrackBack(0) | ゼロから:序章 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/170213585
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック