2006年07月16日

新しいカメラを導入しました!

以前からずっと検討していたのですが、値段がこなれてきて、今後の室内撮影には必須の性能を持つカメラなので、室内撮影の準備にともない導入することにしました。

ebb06071203.jpg


ebb06071204.jpg

ebb06071205.jpg


今回もはっきりいって、このカメラ以外に選択肢はありませんでした。ハイビジョンのカメラは業務用ではCANONのXLH1、松下のAG-HVX200がありますが、どちらも価格的に無理がありますし、そこまでの性能は必要ありません。ソニーは、一般向け価格帯で、信じられないような高性能のHDVカメラを他社に先駆けて発売してくれています。今まで使ってきたHDR-HC1においても、その基本性能の高さには感心していました。HC1の画像エンジンはFX1と共通ということもあり、ソニーのHDV技術がとても優れたものであることも確認済みです。
今後室内や夜間の撮影が増えるため、どうしてもHC1では光学的な力不足を編集などでカバー出来ないという本質的な問題点がありました。個人的にも、ビデオカメラを扱い始めて3年、少しづつ撮影の要点を心得てきた感もあるので、導入時期としてもまぁ適切だったのではないか思います。


ebb06071501.jpg

少しだけ室内で試し撮りしてみた感想ですが、非常に満足です。↑の画像はFX1の画像のキャプチャですが、自然光のみで実際に目で見るとかなり暗い場所です。いままでのカメラでは暗いシーンの撮影において本当に苦労させられましたが、FX1の映像はとても明るく、ノイズの少ないものでした。照明などほとんど何も考えずとも、そこそこ見られる画がとれてしまう印象です。これには驚きです。でも、3枚目の画像のレンズ径の違いを見れば、それも納得といったところでしょうか。なんせ、直径で2倍くらいレンズの大きさに差があるので、それだけ取り込める光の量が多いわけです。暗い場面でいかにレンズの性能がものをいうかということを実感させられます。その分、ちょっとイカツイ外観になっていますが…^^;

次に感心するのが操作性の良さです。プロ用としてもHVR-Z1Jという基本的に同じモデルが販売されていることもあり、その操作性は非常に洗練されていて、「はたして自分に使いこなせるのか?」などという心配も吹き飛んでしまうくらい直感的で明解です。

その他のところでは、色乗りの良さとボケ味の美しさが印象的でした。
それから、液晶モニターの解像度と色表現力が高く、現場でモニターを使わなくてもかなり細かな部分まで確認出来そうです。
当初は、HC1の補助的な役割で使用することを考えていましたが、あまりにもFX1の画や機能が魅力的なため、やはりこちらをメイン機として使用して行くことになりそうです。HC1には、屋外でのロングショットや車両撮影などでこれからも活躍して貰いたいと思います。


…それにしてもすばらしいカメラです。こんなステキな機材を作ってくれる”ソニー”というメーカーに、心から敬意を表したいとおもいます^^


・・・・


というわけで今回は、とりあえず、導入の報告まで。

posted by 帆根川 廣 at 03:55| 群馬 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 機材 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック