2008年01月24日

撮影現場の見学

前橋FCさんからちょうど良い機会をいただいたので、撮影現場に勉強に行ってきました。観客エキストラとして。(笑)


ebb08012401.jpg


プロの現場に身を置いて撮影のノウハウを勉強することが目的なので、なるべく画面に映らないように隅っこのほうに…。と、思っていたらかえって目立ってしまったらしく、いきなり動きを付けられてしまいました。やばい、映っちゃったかも(汗)。


撮影現場では、勉強になることが沢山有りました。

会場に入った直後、はやくも機材的なことでひとつアイデアをゲットしました^^

撮影の進行は、我々の撮影とくらべスタッフの人数や規模は違いますがやっていることの本質はまったく一緒。
誰から教わったわけでも有りませんが、ただ良い画を撮ろうと思って繰り返しやっているうちに結果的に一番効率的で確実な手法になってくる、ということなのかもしれません。そういう意味で、少しだけ安心したというか…(笑)。
現場で監督が・カメラマンが・照明さんが何をやろうとしていてどんな苦労をしているのかが手に取るようにわかってしまい、それを想像出来てしまうだけに見ていてけっこう疲れました。ただ、彼らはすべてが分業されているので、その分自分の仕事だけに集中出来て楽かもしれません。

その他にも、詳細は書けませんが勉強になったり、考えさせられた部分がとても多かったです。


・・・・・


今回は平日ということもあり残念ながらレッスン生からは一人も参加してもらえませんでした。助監督さんとふたりでの参加となりましたが、本来ならこれから役者さんとして活躍することを目標にしている方々にぜひ参加していただきたかったです。現場に行ってみて、勉強することの多さにそのことをつよく感じました。

実際の撮影において、役者さんが何を要求されるのか。カメラの配置や撮影の進行はどういったものか。監督から役者さんが何を注意され、指示されているか。何がNGの原因になりやすいか…。そういったことを注意深く観察することで、制作者のニーズに即応えられるように準備ができるのではと思います。また、普段レッスンでいかに大切なことを教わっているかの裏付けとなり、それがよりいっそう深く定着するのではないかと思います。


・・・・・


そんなわけですが、あいにくの雪の中、前橋FCのみなさんがとても頑張って撮影をサポートしておられるのが印象的でした。
良い機会をお与えいただき有り難うございましたm(_ _)m









posted by 帆根川 廣 at 11:25| 群馬 🌁| Comment(2) | TrackBack(0) | 映画についておもうこと | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
お疲れ様です。

監督が映画に出てるかも!?それは観に行かなくちゃ!笑

現場に行くと 勉強になることがいっぱいありますね。FCには立場上参加できないけれど‥E×Bの現場も とても勉強になっています。いつもありがとうございます☆
Posted by 葉生 at 2008年01月24日 22:49
お疲れさまです。

いやいや、カメラポジションから察するに、映っていたとしてもぼけていて誰かは判別不能と思いますよ(笑)

たまには他の撮影現場を客観的に観察するのも良いですね、ホント勉強になりました。
Posted by 帆根川 at 2008年01月26日 04:37
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック